第一生命保険の「メディカルエール」をぶっちゃけ解説

第一生命保険「メディカルエール」の特長と注意点とは?

「メディカルエール」は第一生命保険の医療保険で、保障種類は10年定期型と終身型の2種類があります。

解    説

  1.  病気・ケガで1日以上の入院で1日目から保障
  2. 日帰り入院からも対応しています。(日帰り入院の場合、入院と判断するかは保険会社の判断によります)

  3.  1,000種類以上の手術や先進医療手術を保障
  4. 入院を伴わない日帰り手術でも、対象手術であれば給付されます。

  5.  所定の放射線治療を保障
  6. 放射線量に関わらず、所定の放射線治療が保障されます。

  7.  骨髄ドナー(提供者)の採取術を受けたとき骨髄ドナー給付金を支給
  8. 骨髄ドナー(提供者)として骨髄幹細胞または末期血幹細胞の採取術を受けたとき骨髄ドナー給付金が支払われます。

  9.  生活習慣病や女性疾患による入院・一時金などを上乗せ可能
  10. 保障のタイプにより所定の就活習慣による入院の備え、女性に多い特定の病気による入院の備え、入院した時の一時金での備えを上乗せできます。

ぶっちゃけポイント

この「メディカルエール」の作りは、『主契約』と『特約』に分かれていますが、特長の中にもある「先進医療手術を保障」というのは、『特約』になるようです。つまり、シンプルな主契約だけでは保障対象外ですので注意が必要です。

補    足

日本における大手生命保険の一角を担う第一生命。本人は否定すると思いますが、現在の主力商品となっている『ブライトWay』を売りたいのが本音かと思います。つまり、ここで紹介した「メディカルエール」を検討していても、担当者からは『ブライトWay』を勧められる可能性があるということを覚えておきましょう。

参照 「メディカルエール」公式ホームページ