ジブラルタ生命の「医療保険」をぶっちゃけ解説

ジブラルタ生命の「医療保険」の特長と注意点とは?

ジブラルタ生命の「医療保険」の保障種類は、定期型保障と終身保障型の2種類となっています。

解    説

  1.  1泊2日以上から10日目までの入院は一律10日分を給付
  2. 11日目以降は入院日数に応じた金額が給付されます。

  3.  入院初期加算給付金を上乗せすることができる
  4. 「初期加算タイプ」を選ぶと、入院開始後30日目まで入院給付金日額と同額が給付されます。

  5.  3大生活習慣病での入院は支払日数無制限
  6. 3大生活習慣病無制限タイプの場合に限ります。

  7.  手術・放射線治療を受けた場合、入院の有無にかかわらず給付金を支給
  8. 対象の手術は約1,000種類です。

  9.  先進医療の技術費用を通算2,000万円まで保障
  10. 先進医療特約を付加した場合が対象です。

  11.  骨髄ドナーとなった場合給付金を支給
  12. ドナーとして、骨髄幹細胞採取手術や抹消血幹細胞採取手術を受けた場合に給付されます。

  13.  解約返戻金をなくし割安な保険料を実現
  14. 終身型の場合、保険料払込満了後は、「入院給付金日額×10」の解約返戻金があります。

  15.  所定の障害状態になった場合、保険料払込免除
  16. 保険料の払い込みは免除されますが、保障は継続されます。

ぶっちゃけポイント

特長の最初にある「1泊2日以上から10日目までの入院は一律10日分を給付」は、保障が充実しているように見えますが、その分保険料に転嫁されていることを理解した上で検討してください。

補    足

特約オプションが充実していますが、あれこれ心配し過ぎて付加するとその分、保険料も上がるわけですから、自身の目的に合ったものを慎重に選ぶようにしましょう。
参照 「医療保険」公式ホームページ